食べる

香櫨園に炭火焼き鳥店「心喜鶏趣 炭平」 朝引き鶏のみ使い提供

「居心地の良い楽しい空間であること」をモットーに掲げる店主の西川洋平さん

「居心地の良い楽しい空間であること」をモットーに掲げる店主の西川洋平さん

  • 9

  •  

 阪神香櫨園駅から徒歩2分の場所に10月5日、炭火焼き鳥店「心喜鶏趣 炭平」(西宮市市庭町、TEL 0798-56-7939)がオープンした。

 「大学生時代にした飲食業界のアルバイトで、この仕事の面白さを知った」という店主の西川洋平さん。その後、下積み4年、店長6年と10年の修業を経て同店を開業した。自分の店を持つに当たり、過去のさまざまな経験を通して念頭に置いたのが、「とにかく楽しい空間にしたい」ということだった。スタッフの雰囲気や態度は客にダイレクトに伝わるため、「まずは従業員がここで働きたいと思える環境をつくること。そして、わざわざ来てくれるお客さまに喜んでもらうために必死になること」をスタッフ全員が心掛け、思いを一つにして取り組んでいるという。

[広告]

 店舗面積は30坪で、席数は38席。店名の「心喜鶏趣」は、「最初から最後まで気を緩めずに慎重に行う」という意味を持つ「慎始敬終(しんしけいしゅう)」という言葉から西川さんが考案した当て字の造語。「接客も料理も、最初から最後まで手を抜かない」という強い思いが込められている。「まだオープンしたばかり。今も日々、お客さまだけでなく従業員からも学ばせていただいている」と西川さん。

 料理は地元名産の朝引き鶏のみを使い、火は通りながらもレア目に焼くことで「しっとり、ぷりぷり」した食感を引き出しているのが特徴だという。西川さんのお薦めメニューは「鶏の麻婆豆腐」(520円)、「きものレア炙(あぶ)り」(580円、以上税別)などで、創作メニューも豊富にそろえる。価格は串2本300円~。地下には防音扉付きのフラットフロアがありキッズスペースも設けているので、子ども連れの家族や仲間内の集まりにも利用できる。

 「一人で来てカウンターで料理とお酒をじっくり楽しむ人、家族や仲間と来てにぎやかに過ごす人と客層も過ごし方もさまざま。それぞれに、この空間を楽しんでもらえたら」と笑顔で来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時30 分~15時、17時~23時。