見る・遊ぶ

9月15日の西宮花火大会が延期 来場しないよう主催者が呼び掛け

主催の西宮青年会議所は花火大会の延期を決め、開催予定日だった9月15日に誤って会場に行かないように呼び掛けている

主催の西宮青年会議所は花火大会の延期を決め、開催予定日だった9月15日に誤って会場に行かないように呼び掛けている

  •  

 9月15日に新西宮ヨットハーバー多目的広場で開催を予定していた西宮の花火大会が台風21号の影響で延期が決まり、主催の西宮青年会議所が誤って来場することがないよう呼び掛けている。

花火大会の会場となる新西宮ヨットハーバー

 延期が決まったのは「西宮花火大会 愛のあるまち西宮」。台風21号の影響で会場の西宮浜沿岸部も被害を受けたため、同会議所が来場者の安全を確保できないと判断した。延期が発表されたのが開催1週間前の9月8日であったため、同会議所は「誤って来場することがないよう注意していただきたい」と呼び掛けている。

[広告]

 延期の日程は11月11日を予定。19時30分から約30分間、930発が打ち上げられる。