天気予報

26

18

みん経トピックス

コロワ甲子園が営業開始甲子園「2塁アルプス」閉店

ご当地Tシャツで西宮・苦楽園の魅力を発信 1万着超を47都道府県に発送

ご当地Tシャツで西宮・苦楽園の魅力を発信 1万着超を47都道府県に発送

新モデルの「苦楽園(KURAKUEN)Tシャツ」

写真を拡大 地図を拡大

 西宮・苦楽園口のアメカジショップ「RAT★RACE(ラットレース)」(西宮市菊谷町、TEL 0798-70-0855)が4月29日、地域の魅力を発信するご当地Tシャツ「苦楽園(KURAKUEN)Tシャツ」新モデルの販売を開始した。

苦楽園の文字と歴代モデルのデザインをあしらった背面

 店主の小川尚久さんが、アメリカのロサンゼルスに渡り、衣類や雑貨、スニーカーなどの一点物の商品を中心に買い付け販売する同店。2010年には地元・苦楽園の町の魅力をTシャツで表現して発信したいと同商品を企画。販売を開始した。毎年1回、新モデルを発売し、今回が9作目となる。

 同商品は全てのモデルに「苦楽園」の文字が使われているのが特徴。今回の新作は前面で店名の「RAT★RACE」を強調し、背面ではこれまでに発売してきた歴代のモデルのデザインを縮小して並べ、企業のロゴスポンサー風にあしらった。

 大人用は黒・白・紺の3色で、サイズはXS・S・M・L・XLの5種類、子ども用は黒と紺の2色でサイズは110センチメートルと130センチメートルの2種類。価格は一律で4,212円。今後も季節に合わせて新色を順次発売予定だという。

 「苦楽園の小さな店のTシャツなのに、お客さんが口コミでどんどん広げてくれ、これまでに1万着以上売れ、去年の秋には全ての都道府県に発送することができた」と小川さん。「大好きな苦楽園の町を大好きなアメリカンテイストのTシャツに乗せて世界に発信したい」と笑顔を見せる。

 営業時間は12時~19時。

グローバルフォトニュース