天気予報

23

21

みん経トピックス

西宮で体験型親子イベント甲子園でモダニズムカフェ

甲子園で「横山英史 イラスト展」 野球ファンなじみのイラスト原画30点

甲子園で「横山英史 イラスト展」 野球ファンなじみのイラスト原画30点

横山さんがこれまでに描いたイラストの原画

写真を拡大 地図を拡大

 甲子園球場南側のオリジナルTシャツ・スポーツグッズ専門店「ビート魂ショップ」(西宮市甲子園町、TEL 0798-77-5254)で現在、「イラストレーター横山英史 野球イラスト展atビート魂ショップ」が開催されている。

大小の作品約30点を展示

 2013年にオープンした同店。店舗面積は20坪。店主の松田武士さんが、Tシャツやキャップ、阪神ファンの応援着として人気のあるニッカポッカなどのオリジナルグッズをデザインし販売するほか、各種スポーツの練習着や、試合を観戦する保護者用の応援グッズ、Tシャツのオーダーメード製造を行っている。

 3月21日に同店が5周年を迎えるに当たり、松田さんが「販売している野球グッズにちなんだ企画をしたい」とイラストレーターの横山英史(ひでし)さんに話を持ち掛け、今回の展示が実現した。

 横山さんは、独特のタッチで野球イラストを専門に描くイラストレーター。2002年にフリーランスとして活動開始以来、オリックスバファローズの選手ビジョンイラストやイヤーブック、「週刊ベースボール」「ベースボール・マガジン」「月間メジャーリーグ」などの野球専門誌、スポーツ雑誌のイラストを多数担当。イチロー選手やダルビッシュ有選手、大谷翔平選手など国内外約1000人のイラストを制作してきた。今回は同店の一角を展示スペースとして使い、B1~B4サイズの作品約30点を展示。期間中はオリジナルイラストのオーダーも受け付ける。

 「野球の聖地といわれる甲子園球場から一番近い野球好きが集う店で、イラスト原画を見てもらえることにワクワクしている」と横山さん。松田さんは「誰もが知る野球の聖地だからこそ、シーズンオフでも野球を感じてもらえる場所でありたい」と話す。

 開催時間は11時~19時(最終日は18時まで)。入場無料。今月11日まで。

グローバルフォトニュース