食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

音楽にあわせて花火ショー約6000発-芦屋サマーカーニバル

潮芦屋ビーチの夏の夜空に約6000発の花火が打ち上げられる

潮芦屋ビーチの夏の夜空に約6000発の花火が打ち上げられる

  •  
  •  

 潮芦屋ビーチ(芦屋市南浜町)で7月26日、市民によるステージイベントや約6000発の打ち上げ花火を展開する恒例の「芦屋サマーカーニバル」が開催される。主催は、芦屋市民まつり協議会(0797-35-0871)。

花火を間近で楽しめる有料観覧席も用意される

 今年で36回目を迎える同イベント。昨年は約9万人が来場し今年も同様の人出が予想される。打ち上げ花火は「丸玉屋」(東京都中央区日本橋本町)が担当し、「音楽と花火のショー」をテーマにコンピューター制御でBGMや効果音の抑揚に合わせて花火を打ち上げる。約3000発を一気に打ち上げるフィナーレでは「恋する花火」と題して「潮芦屋ビーチを舞台に繰り広げられる壮大な愛の物語」をテーマに笑顔やハートなど、物をかたどった型もの花火も打ち上げる予定。

[広告]

 今年は「ハワイアン」をコンセプトに、会場内の装飾を夏らしく彩ると共に、芦屋らしい落ち着きあるやさしい雰囲気を演出する。日中は会場内の市民広場で、芦屋市民ステージを展開。フラコンテストや灘高生による浴衣コンテスト、アカペラショーなど、20以上のプログラムを予定する。

 県内外のご当地グルメを集めた屋台縁日では、「富士宮焼きそば」「津山ホルモンうどん」「たつのLKTバーガー」「あかし玉子焼」「但馬地鶏からあげ」「霧芋入りお好み焼き」「甲子園ヒーロー揚げ」「高砂(たかさご)にくてん」など、約170が出店する。

 実行委員長の根津さんは「世界最高峰の花火技術を駆使して、音楽に合わせて花火が上がるのが最大の魅力。ビーチ周辺でしか音は聞こえないので、ぜひ実際に会場に足を運んで醍醐味(だいごみ)を味わってほしい。今年は安全面を考慮して18時から車の通行規制を行い、昨年まで運行していた阪神芦屋駅からのシャトルバスの運行も行わないので、会場までゆっくりと歩いて来てほしい」と来場呼び掛ける。  主な有料観覧席(砂浜)は、前売り・当日=1席1000円。一般観覧席は前売り=1席2500円、当日=1席3000円。

 開催時間は13時~21時。打ち上げ花火は19時50分~21時。荒天中止。詳細はホームページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加