見る・遊ぶ

B2西地区王者「西宮ストークス」、ホーム最終戦を白星で飾り5連勝

B1昇格を目指す西宮ストークス

B1昇格を目指す西宮ストークス

  • 4

  •  

 プロバスケットボール男子Bリーグ2部(B2)に所属している「西宮ストークス」のレギュラーシーズン本拠地最終戦が4月18日、姫路市内で行われた。

 ライジングゼファー福岡との一戦は、序盤で苦しい展開を強いられたが、第2クオーターでマット・ボンズ選手のシュートなどで逆転。接戦を制し103-93で勝利した。マティアス・フィッシャーHC(ヘッドコーチ)は「苦しい時間帯もあったが、選手たちがしっかりと集中してやるべきことをやれた結果。福岡に2勝できて良い週末になった」と振り返った。

[広告]

 前日の17日にはライジングセファー福岡を112-79で下し、4年ぶり2回目のB2西地区優勝を果たした。今シーズンは10月の開幕から2カ月連続で負け越したが、12月に佐賀バルーナーズに連勝したことを機に上昇気流に乗った。そして2月を9戦全勝で終えるなど、1月から3月にかけてクラブ記録である14連勝を達成し、地区優勝に至った。

 残るレギュラーシーズン2試合を戦った後、B1昇格を目指し、5月7日から西宮市立中央体育館(西宮市河原町)で開催される「クォーターファイナル」「セミファイナル」へ挑む。クォーターファイナル=5月7日~9日、セミファイナル=同14日・15日・17(いずれも2戦先勝で次のステージに進出)。

 キャプテンの谷直樹選手は「僕たちの戦いはまだ終わりじゃないし、ファンもこの結果で満足しているわけではない。笑って終われるように、最後まで一緒に戦ってほしい」と力強く呼び掛けた。

 現在、兵庫県内に「まん延防止等重点措置」が適用されているため、西宮ストークスのホームゲームでは、入場可能な人数を収容人数の50%(=1000人程度)に制限し、新型コロナウイルス感染防止対策を行いながら運営している。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース