学ぶ・知る

今年で18回目を迎える「関西文化の日」 西宮からは郷土資料館が参加

「関西文化の日」に西宮から参加した市立郷土資料館

「関西文化の日」に西宮から参加した市立郷土資料館

  • 8

  •  

 関西一円の文化施設で11月14日・15日を中心に開催される「第18回関西文化の日」に、西宮から西宮市立郷土資料館(西宮市川添町)が参加する。

 「関西文化の日」は、両日を中心に一定期間の入館料などが無料になるほか、開館時間を夜間まで延長する「KANSAI NIGHT MUSEUM」なども企画されている。参加する美術館・博物館は360施設に上り、年々参加施設は増えている。

[広告]

 西宮市立郷土資料館は、西宮の歴史と文化財を実物資料で知ることができる唯一の施設で、収蔵資料は約4万点に及ぶ。昨年、西宮郷・今津郷を含む灘五郷が文化庁から日本遺産に認定されたこともあり、西宮の酒造りを紹介するコーナーも人気を集める。

 近隣市では、宝塚市=宝塚市中央図書館、同小浜宿資料館、同歴史民俗資料館、芦屋市=芦屋市立美術博物館、同谷崎潤一郎記念館が参加する。

 西宮市立郷土資料館の開館時間は10時~17時。月曜・年末年始休館。

Stay at Home