食べる 買う 学ぶ・知る

西宮で自費出版のグルメ本が異例のヒット 売り切れ続出、3月末販売終了

テレビの取材を受ける西宮グルメマスターズのメンバー。左から「青椒」内野緊さん、「Bar山谷」山谷邦治さん、「兵庫栄養調理製菓専門学校」柏木直樹さん、「るこら・るっこら」田中忠雄さん、「やきとりじゅげむ」山﨑哲さん

テレビの取材を受ける西宮グルメマスターズのメンバー。左から「青椒」内野緊さん、「Bar山谷」山谷邦治さん、「兵庫栄養調理製菓専門学校」柏木直樹さん、「るこら・るっこら」田中忠雄さん、「やきとりじゅげむ」山﨑哲さん

  •  
  •  

 西宮市内の飲食店店主ら5人が自費出版した書籍「西宮グルメマスターズ」の売れ行きが好調で、発売した3000冊は近日中に売り切れる見込みとなっている。品薄を受けて3月17日には電子書籍の販売を始めた。

行列ができる十割そば

 市内で行われる食べ飲み歩きイベント「バル」を主催する各地域の実行委員5人が、バルに続く新たな地域活性化施策として、値引きや特典ではなく「店本来の魅力に光が当たる西宮」を目指して企画。地元で長年飲食店を経営する強みを生かし、「地元を知り尽くした食のプロが選ぶ、西宮の『間違いない店』」をコンセプトに1月1日に発売にこぎ着けた。

[広告]

 市内の日本料理、すし店、居酒屋、焼き肉、イタリアン、フレンチ、バーなど幅広いジャンルの39店を見開き2ページで紹介。「店は人が一番の差別化」との思いから全店舗とも店主の顔写真とメッセージを掲載した。

 販売を行ったブックファーストでは発売翌週に西宮店、西宮ガーデンズ店、エビスタ西宮店の市内3店舗で同時に週間ランキング1位を記録。その後も新聞、ラジオ、フリーペーパーなどで紹介され売り上げを伸ばした。朝日放送のテレビ番組「おはよう朝日です」で紹介された3月13日にはAmazonの本の総合ランキングでも12位にランクインするほど売り上げが伸び、書店でも売り切れが続出。公式ページの販売も終了した。

 実行委員長の山崎哲さんは「掲載店の中には敷居が高く見える店もあるので、スタンプラリーを用意して本を片手に気軽に行ってもらえることを意識した。本当に良いサービスを提供している店は相当の努力をしている。そういう店に光が当たる西宮でありたい。スタンプラリーの都合で本の販売は3月で完全に終了するが、永久保存版の価値はあると自負しているので手に入れてほしい」と話す。

 変形A5判105ページ。価格は864円。現在はブックファースト西宮店、西宮ガーデンズ店で取り扱いがある。電子書籍はAmazon Kindleストアで今月31日まで販売。

  • はてなブックマークに追加