食べる

西宮神社と地元和菓子店のコラボ企画「とおかし」 新年度の11品発表

リニューアルされた「とおかし」をアピールする「とおかしプロジェクト」メンバー

リニューアルされた「とおかし」をアピールする「とおかしプロジェクト」メンバー

  •  
  •  

 西宮神社は月替わりで参列者に配布している和菓子「とおかし」を4月からリニューアルする。

菓一條栄久堂吉宗の「とおかし」

 西宮神社が「西宮和菓子ブランド発信事業実行委員会」に依頼し2017年4月10日の旬祭から行っている同企画は今年で3年目。あおやま菓匠、千鳥屋宗家、高山堂、翁菓舗、谷矢製餡、御菓子司 昇月堂、こはく、菓一條栄久堂吉宗、君栄堂本舗、甘辛の関寿庵、成田家の11の和菓子店が作る創作和菓子を、1月をのぞき毎月10日に行う「十日参り」の参列者に180個限定で提供する。

[広告]

 毎月10日は「とおかしの日」(十日のお菓子)として、各店の「とおかし」を自店でも販売。同神社境内のおかめ茶屋でも30個を限定販売する。6月と11月は「とおかしまつり」を開催し、「とおかし」全種類の販売も行う。

  • はてなブックマークに追加