3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う 暮らす・働く

武庫川女子大がフリーペーパー「朝美人」発行-おしゃれな朝を提案

「朝美人」を制作した武庫川女子大学生活環境学部・情報メディア学科、松野精教授ゼミの学生たち

「朝美人」を制作した武庫川女子大学生活環境学部・情報メディア学科、松野精教授ゼミの学生たち

  •  
  •  

 武庫川女子大学(西宮市池開町)の学生らが2月5日、フリーペーパー「朝美人~早起き鳥のオシャレな朝ごはん」を発行した。

冊子をPRする武庫川女子大学の学生たち

 同冊子を制作したのは同大学生活環境学部・情報メディア学科の松野精教授ゼミに所属する4年生。卒業制作の一環として調査から取材・編集・発行までを1年7カ月かけて行った。

[広告]

 今回のテーマは「朝」。若年層の欠食問題をふまえ、女子大生が行きたくなるような流行の店やおしゃれな雰囲気が味わえる店を提案する。エリア同市を中心に神戸や大阪、京都、滋賀、名古屋まで26店を紹介。女子大生の視点で朝の過ごし方やイエス・ノー形式で答えていくと自分のタイプを診断するフローチャートのページを設けるなど工夫を施す。

 同ゼミ4年生の河田夏実さんは「休日は昼の2時や3時に起きるくらい朝が苦手。取材を始めた当初は早起きするのがつらかったが、取材を繰り返しているうちに1日ってこんなにも長いのかと充実感で満たされるようになった。早起きの素晴らしさをたくさんの人に実感してほしい」と話す。

 「学生たちがプロジェクトを通じて、一から製本までの全行程を悩みながら経験したことは今後実社会に出たときに必ず役に立つと思う」と松野教授。「地域と大学が双方のプラスになる連携をして、互いに共存していければ」とも。

 発行部数は5000部。無料。学内の食堂や取材先の店に設置するほか、希望者には送付も行うという(送料は自己負担)。

Stay at Home