見る・遊ぶ

阪神タイガース「甲子園」開幕戦でも「まん延防止等重点措置」

阪神甲子園球場で、プロ野球開幕

阪神甲子園球場で、プロ野球開幕

  • 9

  •  

 阪神タイガースの本拠地開幕戦が4月6日、阪神甲子園球場(西宮市甲子園町)で行われた。始球式には今年創設された女子野球チーム「阪神タイガースWomen」の植村美奈子投手が登場した。

 今月1日に政府が決定した「まん延防止等重点措置」が4月5日から5月5日まで、兵庫県に適用されていることに伴い、阪神タイガースは4月6日~5月2日に甲子園球場で予定している15試合の入場者数を大幅に制限すると発表。当該期間の試合は発売済みの年間予約席のみ有効で、一般発売は行わない。内外野ともに観客がまばらに座り、コロナ禍ならではの少し寂しい本拠地開幕戦となった。

[広告]

 球場近くに住む阪神タイガースファンの渡邉眞一さんは「毎年甲子園開幕戦は球場で観戦していただけに残念。5月5日以降は球場で試合を見られることを楽しみにしている」と話す。

 読売ジャイアンツとの今季最初の『伝統の一戦』は、2回裏にサンズ、佐藤輝、梅野各選手の3連打などで2点を先制。3回裏にも4点を追加し、しっかりと打線がつながり2-6で開幕戦を白星で飾った。試合開始前から降り続いた雨の影響で、この日は7回雨天コールドゲームに。悪条件の中でも安定した投球で7回まで投げ抜いた先発の西勇輝選手は4安打2失点完投で、今季初勝利を手にした。

 阪神ドラフト1位のルーキー佐藤輝選手は、6番右翼手でスタメン出場。2リーグ分立後の阪神新人選手の甲子園開幕戦での初アーチや、巨人とのシーズン1試合目での初アーチの快挙を期待されたが、達成はならなかった。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース