暮らす・働く 学ぶ・知る

西宮「さくらFM」に86歳の現役アナウンサー 東京五輪で実況担当

収録に臨む村田好夫さん(左)と西澤暲さん

収録に臨む村田好夫さん(左)と西澤暲さん

  • 90

  •  

 西宮のコミュニティーラジオ「さくらFM」(西宮市池田町)の番組に10月7日、86歳の現役アナウンサー、西澤暲(あきら)さんが登場する。

 番組は「☆煌(きら)めく!あの日あの歌」。西宮市在住で、現在はフリーアナウンサーとして活躍する元朝日放送アナウンサー、村田好夫さんが軽妙な語り口で、リスナーからのリクエストを元に邦楽・洋楽を問わずに懐かしの名曲を流す。ゲストコーナーでは、ゲストと関わりのある楽曲を紹介。同局によると、リスナーの年齢層は30~70代と幅広いという。

[広告]

 西澤さんは、大阪放送(現ラジオ大阪)の第1期アナウンサー。中部日本放送時代の1964(昭和39)年には、東京オリンピックで民放ラジオ代表として陸上、ボート競技を実況した。1970(昭和45)年からは、サンテレビのプロ野球中継「サンテレビボックス席」で阪神タイガースをメインに実況を担当。2001(平成13)年までに500試合以上を実況した名物アナウンサーだ。

 収録では、西澤さんが東京オリンピックでの実況や、歌手の春日八郎や李成愛(イ・ソンエ)さんとのエピソードを披露。関西の放送文化に貢献した西澤さんと村田さんのやり取りはテンポよく進んだ。西澤さんは、来年に延期された東京オリンピックへの思いも明かした。

 放送時間は7日19時~20時。

Stay at Home