見る・遊ぶ 学ぶ・知る

西宮で古関裕而しのぶコンサート 「栄冠は君に輝く」「六甲おろし」など作曲

コンサートをPRする企画者の佐々木美穗さん

コンサートをPRする企画者の佐々木美穗さん

  •  
  •  

 「古関裕而と野球の街 西宮コンサート」が8月11日、阪急甲東園駅近くの甲東ホール(西宮市甲東園3)で開催される。

六甲おろしを作曲した古関裕而さん

 古関裕而(こせきゆうじ)は戦時歌謡やスポーツ音楽など、生涯に約5000曲を残した作曲家で、中でも「六甲おろし」の通称で知られる「阪神タイガースの歌」、全国高等学校野球選手権大会の大会歌である「栄冠は君に輝く」の2曲が西宮市と関係が深い。

[広告]

 今年が古関裕而の生誕110年、没後30年に当たることからコミュニティーFM局「さくらFM」のパーソナリティー佐々木美穂さんの呼び掛けで実現した。

 当日は市内在住のアーティストや吹奏楽団が演奏を披露するほか、古関さんの出身地である福島市の文化振興課職員によるトークコーナーも設ける。

 出演者は声楽家の高嶋優羽さん、畑儀文さん、口笛奏者の儀間太久実さんなど。1931(昭和6)年に作曲した早稲田大学の応援歌「紺碧の空」をはじめ、「君の名は」「高原列車は行く」などヒット曲20曲以上が演奏される。

 佐々木さんは「野球に関する曲はもちろん、他の古関メロディーに西宮を織りまぜた構成にした。時代の変遷を音楽という表現で担ってきた古関メロディーを楽しんでほしい」と来場を呼び掛ける。

 18時30分開場、19時開演。入場料は1,000円(全席自由)。

  • はてなブックマークに追加