見る・遊ぶ 買う

西宮発の360度カメラがクラウドファンディング 800%超達成で発売に手応え

クラウドファンディングに挑戦中の高中昌秀さん(左)

クラウドファンディングに挑戦中の高中昌秀さん(左)

  •  

 「WIREDREAM(ワイヤードリーム)」(西宮市高畑町、TEL 050-5857-7656)は現在、クラウドファンディングサービス「Makuake(マクアケ)」で、自社ブランドの360度カメラレンズ「KRAVAS(クラバス)360°VIEW」の予約販売を行っている。

iPhoneに装着するだけで360度の撮影ができる「KRAVAS 360°VIEW」

 同商品はiPhoneに装着することで360度の静止画の撮影が可能となる360度カメラレンズ。11月1日発売予定で、現在クラウドファンディングでのみ予約販売を行っている。種類は「iPhone 7/8用」「iPhone 7/8 Plus用」「iPhone X/Xs」用の3種類で価格は各4860円。専用アプリ「PanoClip(パノクリップ)」をダウンロードして撮影を行い、Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSへ手軽に投稿することができる。

[広告]

 同社は9月19日に目標額30万円でクラウドファンディングを開始し、初日に目標金額を達成。現在は546人から264万円、880%を超える資金を調達している。9月20日、21日に大阪で開催された「第60回 大阪インターナショナル・ギフト・ショー 秋2018」では新製品コンテストで審査員特別賞を受賞した。

 同社の高中昌秀社長は「これだけたくさんの支援をいただいて感謝するとともに、11月からの発売にむけて手応えを感じている。従来の360度カメラと違い、iPhoneに装着するカメラレンズなので低価格で楽しめるのが強み。多くの人に360度写真の楽しさを伝えたい」と意気込む。

 プロジェクトは10月17日の18時まで。