3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 暮らす・働く

西宮・苦楽園口にコーヒー豆専門店-好みの味わい、自家焙煎で

苦楽園口駅前にオープンしたロマンティックロールビーンズ

苦楽園口駅前にオープンしたロマンティックロールビーンズ

  • 0

  •  

 西宮・苦楽園口に8月1日、店内で焙煎(ばいせん)したコーヒー豆を提供する専門店「ROMANTIC ROLL BEANS(ロマンティックロールビーンズ)苦楽園口店」(西宮市南越木岩町、TEL 0798-56-7558)がオープンした。

店内で試飲を楽しむ来店客

 阪急苦楽園口駅西側にオープンした同店。店舗面積は約6坪。「シングルオリジン」をモットーに選んだコーヒー豆を常時20種類ほど取り扱う。

[広告]

 シングルオリジンとは「単一生産者」の意。扱う豆を国や産地単位よりも細かく生産者単位で特定し、ブレンドを行わず提供する。高級銘柄の「ブルーマウンテン」をはじめ、米国・ホワイトハウス御用達とされる「ハワイコナ」やさわやかな香りと強い酸味を持つ「イエメン・モカマタリ」といった人気銘柄のほか、希少銘柄では「コロンビア・ナリーニョ」「エチオピア・イルガチェフ」「グアテマラ・FSHB」などを用意。来店客の好みをもとに焙煎するサービス「オーダー焙煎」を200グラムから受け付ける。

 広報担当の足立淳一さんは「一般的に『おいしい』とされる銘柄の提供に終始せず、来店客が求める味わいを聞き取ることに力を入れ、豆を選んでいく」と同サービスを説明。「まさに自分好みのコーヒーに出会っていただける」と自信をのぞかせる。

 焙煎機は、最新鋭というコンピューター制御の熱風式を導入。機械がくるくると回りながら豆をいる様子を店舗内外から見ることができる。水出しコーヒーを試飲した竹中章洋さん(西宮市在住)は「深みのある味だ」と驚いた様子。「コーヒー好きなので、教えてもらった『豆』知識をもとに、自分でもあれこれ調べていきたいと思う」と話していた。

 「今後は、テークアウトで飲み物としてコーヒーを提供できる環境も整えていきたい」と足立さん。「当面は、試飲を無料で提供。気軽に来店してもらえれば」と呼び掛ける。

 営業時間は10時~19時。