見る・遊ぶ 暮らす・働く

阪神電車と台湾の桃園メトロがコラボ ラッピング列車の運行始まる

阪神電車と台湾の鉄道会社「桃園メトロ」の連携協定締結記念ラッピング列車の運行お披露目式が3月9日、阪神甲子園駅で行われた。

阪神電車と台湾の鉄道会社「桃園メトロ」の連携協定締結記念ラッピング列車の運行お披露目式が3月9日、阪神甲子園駅で行われた。

  •  
  •  

 阪神電車と台湾の鉄道会社「桃園メトロ」の連携協定締結記念ラッピング列車の運行お披露目式が3月9日、阪神甲子園駅で行われた。

台湾名物が施されたラッピング列車

 ラッピング列車は同日から阪神本線・同なんば線、山陽電鉄線、近鉄線で、1年間運行予定。車両は6両1編成で、桃園市の伝統工芸品である客家花布(はっかはなぬの)をモチーフとした水色と、同市の市花の桃をベースとしたデザインが施されている。桃園メトロ線では1月21日から、阪神沿線ラッピング列車が運行している。

[広告]

 お披露目式では、台湾人シンガー・ソングライターのサンディーさんが制作した「台湾で会おうね」「阪神電車で行こうよ」の2曲を披露した。阪神沿線の観光をテーマにした「阪神電車で行こうよ」は同日、ミュージックビデオをユーチューブで公開した。

 同電鉄常務の佐々木浩さんは「桃園メトロ線にはLamigoモンキーズの野球球団があり、野球がご縁でつながった」とあいさつした。

  • はてなブックマークに追加