天気予報

27

20

みん経トピックス

文化センター

西宮北口にカフェ新店武庫女生がケーキ店を紹介

西宮・鳴尾に和食店 28年営業の芦屋から移転

西宮・鳴尾に和食店 28年営業の芦屋から移転

ランチメニューの「花ご膳」

写真を拡大 地図を拡大

 西宮・鳴尾に2月24日、「芦屋 花ゆうぜん」(西宮市小松町2、TEL 0798-24-1954)がオープンした。

店舗外観

 丸くくりぬいた和風の明かり窓が目を引く同店。店舗面積は18坪、席数はテーブル席とカウンター席合わせて24席。西宮に隣接する芦屋市で28年にわたり営業してきた和食店が、屋号もそのままに移転し店を構えた。

 調理場に立つのは、料亭出身の料理人・松本晴幸さん。松花堂弁当や一品料理などを芦屋の旧店と同様に手頃な価格帯で提供し、会席料理(要予約)や宴会プランの用意もある。

 ランチメニューは「お造りご膳」「天ぷらご膳」(以上1,134円)「花ご膳」(1,620円)、「ひとときご膳」(2,160円)など。初日のランチタイムは、オープンと同時にほぼ満席と盛況だった。

 松本さんの妻で西宮出身という佐知子さんは「移転後も皆さんに愛される店を目指して頑張りたい」と意欲を見せる。

 営業時間は11時30分~14時、17時30分~22時30分。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング